ペット火葬で愛犬の最後を見送る~業者に依頼したときの費用は?~

ペット火葬についてよく知っておこう! ペット火葬についてよく知っておこう!

ペット火葬をして愛犬を天国に見送ろう

スーツの女性

ペット火葬について分からないことがあれば、葬儀業者に相談して葬儀の行い方を確認しましょう。ペットが死んだ時の対処方法や、業者利用の方法を把握しておくことが大事です。最期にきちんと葬儀をしてあげることは、自分と愛犬のためにもなります。

ペット火葬を行う意味について

心の整理をするためにも火葬をして供養することが大事です(火葬業者)

ペットが家にやってくるときは、大切な家族の一員として迎え入れたはずです。そのため、きちんと家族と同じように見送る必要があります。大好きな愛犬が死んだときも、悲しみでいっぱいになり、心が落ち込んだ状態が続くこともあります。ペット火葬を行うことで、このような飼い主たちの心を落ち着かせ、きちんと向き合ってお別れをすることができます。心の整理をするためにもペット火葬を行い、愛犬との思い出を思い出しながら気持ちを込めて送り出しましょう。

ペット葬儀の流れを把握しておこう

連絡をして迎えを待つ

ペット火葬には葬儀プランがあります。火葬や埋葬を個別で行うか集団で行うかなどを決めることができます。業者に連絡してプランを決めたら、迎えに来てくれるまで待ちます。葬儀を行うまでに日数がかかる場合は、ドライアイスや氷などで遺体の頭とお腹を冷やす必要があります。

迎えに来た車に愛犬を納める

ペットのお迎えは葬儀プランによって変わります。会場でペット火葬を行う場合は、会場まで行きますが火葬者が来るプランを選んだ場合は、迎えに来たらそこでお別れすることになります。プランの内容によって変わるのできちんと確認しましょう。

火葬を行う

ペット火葬を行うとき、ペットの愛用品を入れることができますが、金属製のものやプラスチック製のものは入れることはできません。火葬後は返骨すると、その後納骨する場所を探す必要があります。返骨しない場合は業者によって供養されます。

火葬に関して気になること

思い出の品を一緒に燃やすことは可能ですか?
ペット火葬で思い出の品も一緒にと考える人は多くいます。しかし、一緒に火葬できる物には限りがあります。理由としては、ものによっては遺体を綺麗に火葬できないことや火葬時間が延びてしまうことがあるからです。そのため、品物によっては受け入れることができない場合があります。火葬できない物は、ダンボール、銀紙、金具、プラスチック製品、綿入りのぬいぐるみなどです。また、爆発の危険があるもの、ゴム製品、化繊類、布団、毛布、木製の棺、キルディングの衣類などがあります。火葬前には、スタッフにきちんと確認してから火葬を行いましょう。

ペット火葬を行うための費用相場について

ペット火葬を行うときにかかる費用は、ペットの種類や大きさによって変わります。また、業者や葬儀プランによっても変わります。相場としては、小動物1万円~2万円、小型犬2万円~3万円、中型犬3万円~4万円、大型犬4万円~6万円というところです。自治体でも1万円ほどで引き取ってくれますが、一般廃棄物として焼却されることがあるので気を付けたほうが良いでしょう。

TOPボタン